動物病院コラム

2014年3月26日 水曜日

ペットの犬がヘルニアになったときは

犬のヘルニアというと、椎間板ヘルニアを想定されるのではないでしょうか。
椎間板ヘルニアは、老化や過激な運動で椎間板が変形することによって、脊髄を圧迫して起こる病気です。
足が動かないとか、散歩を嫌がる、立てない状態になります。
軽い場合には、痛みや炎症を抑えますが、重い場合には外科手術が必要です。

また、椎間板ヘルニアのほかに、臍ヘルニアという、へそから内蔵が突出した状態になる病気もあります。
ひどくなると手術が必要です。
あるいは、そけいヘルニアという、足の付け根のすき間から内蔵が突出する病気などもあります。
腸閉塞になっている場合には、外科手術で臓器を戻してやる処置が必要です。

ヘルニアは早期発見が大切です。
福岡市にお住まいで、犬の様子がいつもと違う場合には、できるだけ早く当院までご相談ください。

投稿者 香椎ペットクリニック