動物病院コラム

2016年1月14日 木曜日

ペットの口臭、気になりませんか?

ワンちゃん・ネコちゃんも、人間同様にお口のトラブルに見舞われます。

通常、歯の見える部分(歯冠)は白いエナメル質に覆われています。
その部分に薄い黄色の汚れや茶色の塊がついていませんか?
それは歯石が付着しはじめているのかも知れません。

歯石は食事の食べカスが変化したものですが、その中には無数の細菌が繁殖しています。

歯石があると、その周囲の歯肉が刺激を受けて「歯肉炎」となります。
歯肉は炎症により腫れたり出血したりして「歯肉ポケット」が作られます。

歯肉ポケットが形成されると、そこから歯の根っこ(歯根)に細菌やその毒素が侵入して、
歯の周りの骨(歯槽骨)を破壊していきます。
この状態を「歯周炎」と言います。

下の写真をご覧ください。

真ん中にある大きな歯の右側の歯根は、歯周炎により周りの骨が破壊されています(赤矢印)。
この歯は触ってもグラグラしておらず、ご飯も普通に食べれていました。
このように、見えないところで進行しているのが歯周炎なのです。

口臭が気になる、歯石が付き始めている、いつのまにか歯が抜けていた等、
お口にトラブルを感じたら、気軽にご来院、ご相談ください。


獣医師 高木

投稿者 香椎ペットクリニック