動物病院コラム

2016年2月27日 土曜日

ネコの歯肉口内炎

ネコちゃんにとっての口内炎は、軽度なものから重度なものまで様々ですが、
あらゆるネコ種に発生する身近な病気でもあります。

症状としては、よだれ、口臭、食事が食べにくそう、歯肉からの出血等があります。
様々な病気の一症状として現れることがありますが、原因は未だ解明されていません。

今回は、食欲低下と鼻血?を主訴に来院したネコちゃんの一例です。
お口を覗いてみると、、、

←で示している場所が、口内炎によりポリープ状に増殖している炎症性病変(※)です。

今回の食欲不振は、口内炎の痛みによるもの、
そして鼻血は、この病変から出血したものが、くしゃみと共に鼻から出てきたと推測されました。

ネコの口内炎の治療は、内科から外科まで多岐にわたりますが、
最も治療効果が高いとされているのは、全臼歯抜歯(奥歯を全部抜歯すること)か、全顎抜歯(歯を全て抜歯すること)です。

下の写真は、1枚目の写真の黄色←を外側から見ています。

今回は、全臼歯抜歯を実施いたしました。
←は、抜歯、ポリープ除去後、歯肉を縫合した部分です。

ネコちゃんの場合は人間と違って、歯が無くなっても見た目の変化はほとんどありません。
また、ドライフードを食べるのもほとんど支障がないと言われています。
むしろ抜歯の処置を行うことで口内炎が改善・軽減、
痛みが軽減することで、以前よりよく食べるようになることもあります。



ネコの口内炎は、完治が難しい病気の一つです。
人間でも、ちょっとした口内炎でも、その痛みで食欲が無くなりますよね、、、。
上述の症状に思い当たる時は特に要注意です。
そして、歯石除去など、口腔内を清潔に保つ事も大事です。
定期的に病院で口腔内をチェックしてもらいましょう。

※・・・病理検査にて確認いたしました

獣医師 河野






投稿者 香椎ペットクリニック