動物病院コラム

2016年7月31日 日曜日

変形性関節症について

変形性関節症とは、関節が変形を起こすことを言います。

ワンちゃんやネコちゃんも人間と同じように加齢とともに変形性関節症が生じ、
膝や腰の痛みが出てくる事があります。

下の写真をご覧ください。

これは、ワンちゃんの下半身を横からレントゲン撮影したものです。
黄色と赤色の↑の部分は、腰椎(腰の骨)にあたります。
黄色と赤色の腰椎の形の違い、わかりますか?

黄色の部分は変形性関節症を起こしている場所、
赤色の部分は比較的正常な腰椎です。
(黄色の部分以外でも、変形性関節症を起こしている場所は数カ所あります)

レントゲンでここまではっきりと変化が認められる頃には、
痛みもかなり生じているはずです。

最近年を取って動きが鈍くなってきた、ではなく、
それは痛みによるものかも知れません。

強い痛みで動きが制限されると筋肉が落ちて行き、
それがさらに関節への負担を高めます。
人間同様、痛みや炎症をコントロールしてあげることはとても大事な事なのです。

10歳を越えるワンちゃんやネコちゃんのオーナー様は、
一度レントゲンを撮ってみてはいかがでしょうか。

鎮痛剤や鎮痛作用の強いサプリメントも取り揃えております。
お心あたりのある方はぜひ一度ご相談ください。

獣医師 河野






投稿者 香椎ペットクリニック