動物病院コラム

2016年12月26日 月曜日

狂犬病

みなさんは狂犬病の予防はちゃんとされていますか?

『ついつい忘れてちゃって』や『狂犬病は日本では罹らないんでしょ』などの理由で予防がされていないワンちゃんもいるかも知れません。



そもそも狂犬病ってどんな病気?・・・かと言うと、狂犬病ウィルスの感染によって起こる病気で、感染動物からの咬まれたり、傷口や粘膜を舐められたりでも感染します。

体内に侵入したウィルスは脳神経組織に到達して発病します。

不安を示す行動から始まり、攻撃性の増長や遠吠えなどの異常行動を経て、最終的には痙攣などの神経症状を起こしてほぼ100%亡くなります。



また狂犬病は人を含む全ての哺乳類に感染します(人獣共通感染症)。人への感染源のほとんどが犬と言われてますので、病気が蔓延しないためにも法律(狂犬病予防法)によってワクチン接種が義務付けられています。



日本での最後の発生が人では昭和31年(1956年)、動物では猫で昭和32年(1957年)となっています。しかし、海外で感染して日本に帰国後亡くなっている例が昭和45年(1970年)に1例、平成18年(2006年)に2例も発生しているそうです。



発症したら効果的な治療法が未だありません。人への感染も起こります。感染拡大のメインが犬であるので、人への蔓延を防ぐ目的でワクチンが義務化しているのでしょうね.。

『ウチは散歩に行かないから人に噛み付くこともないから』という理由で狂犬病を注射しないという話を聞いたことがあります。確かに散歩に行かないと家族以外の方と触れ合う機会は少ないので、他人に噛み付くこともないかも知れません。。

しかし、そのワンちゃんの一生の中で全く家族以外に出会うことは無いと言い切れるでしょうか。ホテルやトリミングに行ったり、高齢なら動物病院に行くこともあると思います。

もし何かの間違いでワンちゃんが咬傷事件を起こしてしまったら、狂犬病を接種している、していないで大きく対応が変わってきます。



狂犬病はワンちゃんを病気から守るだけでなく、社会的な立場(=注射の義務を遂行している)も守っていると考えてみてはいかがでしょう。

当院でも狂犬病ワクチンは注射できますので、いつでもご来院ください。



獣医師 高木

投稿者 香椎ペットクリニック