動物病院コラム

2017年5月31日 水曜日

肛門腺の炎症

犬にも猫にも、肛門に付属する器官「肛門腺」が存在します。
肛門を正面から見て時計に見たてると、
4時の方向と8時の方向に1個ずつ存在します。
写真をご覧下さい。



前述でいう8時の方向(白矢印)の皮膚に穴があいてしまってます。
肛門線の炎症や破裂により、皮下で強い炎症を起こした結果です。

肛門腺のこう言った炎症はなかなか気づきにくく、
突然の排膿や出血で慌てて来院される事が多いです。

治療法には内科的なもの、外科的なものがあります。
内科的にお薬で治療する場合は、時間はかかりますが、
処置に全身麻酔等は必要ありません。
ただし、再発の可能性があります。
外科的に治療する場合は、全身麻酔が必要にはなりますが、
10日前後で完治します。

次の写真は手術後のものです。



左の開いていた穴を縫合しています。
同時に右側の肛門腺も摘出したので、
再発もありません。

それぞれメリット・デメリットがありますので、
どういった治療法でいくかは、年齢や全身状態、環境などにより、
話し合って決めていく必要があります。

肛門を床にこすりつける、気にしてなめている等が、いつもより頻度が増した時は、
この肛門腺のことを思い出して見てください。
そして、お気軽にご相談ください。

獣医師 河野

投稿者 香椎ペットクリニック