動物病院コラム

2017年9月26日 火曜日

急性膵炎

みなさん、膵臓という臓器はご存知でしょうか?

簡単に言うと、血糖値をコントロールするホルモンを出したり、
食べ物の消化吸収に必要な消化液を出したりします。

わんちゃんやねこちゃんでもよく見られる、
嘔吐や下痢という消化器に関連するであろう症状。
これらの原因は本当に多岐にわたります。

そんな消化器症状の原因のひとつに、「膵炎」があります。
膵臓自体が炎症を起こしてしまっている状態です。
では、膵臓が炎症を起こす原因はなんでしょう?
実は、この原因もいくつもあるのですが、
よく遭遇するのは、「油っこいものを食べた」時に、
後に急性膵炎を発症するパターンです。

この「油っこいもの」とは、どんなものでしょう?
ずばり、わんちゃんの「おやつ」や、「人間のたべもの」です。
わんちゃん用のおやつでも、ジャーキーなど油っこいもの、
人間の食べ物だと、焼肉や揚げ物など。

膵炎はとても怖い病気です。
重症化すると腹膜炎を併発し、命に関わってきます。

「吐いて少し元気がない」
「あまり動こうとしない」
など、よくある症状ですが、
もしかしたらそれは膵炎を発症しているかも知れません。

特に、「何か食べた」などの心当たりがある場合は、
あまり様子を見る等せず、受診されることをおすすめします。

「膵炎」、頭の片隅に入れておいてください(^^)。

獣医師;河野



投稿者 香椎ペットクリニック