動物病院コラム

2019年6月 4日 火曜日

CT検査vol.20

今回は、鼻水が止まらない猫の症例を紹介いたします。

まず、鼻水の原因としては色々あります。
一般的に猫で鼻水の原因として良く目にするのが、猫のヘルペスウイルスによる猫ウイルス性鼻気管炎(FVR)、いわゆる猫風邪によるものです。

また、ウイルスの他にも細菌や真菌(カビ)の感染だったり、鼻腔内の腫瘍、歯根膿瘍からの鼻への感染が原因だったりすることもあります。

今回の症例の猫も鼻水の経過も数ヶ月前からと経過も長く、ウイルスや細菌の治療はしているものの、全く症状はおさまらずCT検査を希望されて来院されました。








これらの画像は猫の頭の部分をそれぞれ、正面からの断面と側面からの断面画像です。
正面からの断面画像をみると、明らかに顔の右半分と左半分に違いがあるのがわかります。
向かって右半分の黒く抜けてない方が、異常がみられる部分です。



ちなみに3枚目の画像は、側面からの断面画像で2枚目の画像の反対側の断面です。
こちら側は正常な画像です。

これらの画像で、明らかに右側の鼻腔内全体的は蓄膿しているようにみえます。
そしてこれらをよく見てみると、





4、5枚目の画像で赤い丸で囲ったところに白く写し出されている部分があります。

正確にこの部分が何なのかは、この部分の組織を採材して病理検査をしてみないと診断できません。

残念ながら、この症例の猫はそこまで検査に至っていません。
ただ一見、腫瘍のようにも見えますが、この猫が1歳半で若齢の猫だということを考えると腫瘍の可能性は低く、もしかしたら異物の可能性も考えられます。

異物であれば、一体どんなものが鼻の中に入り込んだのか気になるところです。

獣医師 木場

投稿者 香椎ペットクリニック