動物病院コラム

2021年3月28日 日曜日

CT検査vol.34

今回は、食欲がやや低下した猫の症例を紹介いたします。

この症例は、CT検査を行う前の検査では、これといって食欲の低下につながるような異常は見つかりませんでした。

なので、CT検査で全身を撮影してみると一部異常がみつかりました。



CT画像の赤い線で囲ってる部分で、咽頭部の一部腫脹が確認されました。

この時は、ただ腫れているだけなのか、腫瘍が発生して膨らんでいるのかわからなかったので、追加で内視鏡の検査は実施したのですが、咽頭部の膨らみ以外は、肉眼的異変は確認できませんでした。

隆起している部分の組織を採取して病理検査を行った結果は、炎症性の反応でした。

しかし、これだけでは腫瘍を否定できたわけではありません。

はっきりと検査するには、外科的に腫れている部分を切除する必要がありますが、病変部分の場所が場所なだけにそれなりのリスクがあります。

なので、病変部分が炎症性の病変と仮診断して、2週間程抗生剤による治療を行いました。

すると、食欲が戻ったとのことだったので、改めて病変をCT検査で確認したところ...




咽頭部の腫れは引いておりました!

今回の症例は、抗生剤が効いてくれたので、炎症性の病変として処理することができました。



獣医師  木場




投稿者 香椎ペットクリニック

カテゴリ一覧

カレンダー

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30