動物病院コラム

2021年10月 6日 水曜日

犬のリンパ腫④

今回もリンパ腫の紹介です。

今回の症例は10歳ほどのミニチュアダックスです。

食欲不振、嘔吐、下痢を主訴に来院されました。


検査を実施したところレントゲン検査において





赤矢印のいちに糞塊のような腫瘤が認められます。

CT検査をしてみると、、



通常の消化管構造と全く異なる病変部が認められました。

病変の周囲には腹膜炎を示唆する所見も確認できます。

また病変の周囲のリンパ節が腫大していたため細胞診検査を実施したところ



大型のリンパ球が多数認められ、悪性所見である核分裂像(赤く囲った箇所)も確認されました。

以前お話ししたようにリンパ腫の治療は一般的には化学療法(抗がん剤)ですが、この症例では上記の病変が消化管の通過障害を引き起こしていたため、外科的に病変を切除いたしました。


病理結果は消化器型リンパ腫(悪性)でした。


消化器型リンパ腫は、以前紹介した縦郭型リンパ腫や、一般的に多く認められる多中心型リンパ腫と比較して予後が悪いといわれています。

この症例は病変がなくなり食欲など一般状態は回復してくれました。

手術後の抗がん剤治療については副作用などもあるため、飼い主様と相談していこうかと思います。

獣医師;永松

投稿者 香椎ペットクリニック

カテゴリ一覧

カレンダー

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31