動物病院コラム

2018年4月23日 月曜日

角膜潰瘍

以前、眼の表面(角膜)についた傷について
この場で話題にしたことがありましたが、
今回は角膜潰瘍についてお話しようと思います。

角膜に傷が入ると、
まず角膜由来のタンパク融解酵素を出して、
傷の不要組織を除去します。
それから欠損部を新しい細胞で充填させます。
その後、眼の表面の細胞(角膜上皮)を分裂させ、
その部分を覆って仮修復します。
受傷後、1週間くらいで完全に表面の欠損部は修復されます。

しかし、
傷に感染した細菌の増殖を阻止できなかったり、
抗生物質が効かなかったりすると、
タンパク融解酵素が過剰になり、
角膜の崩壊が促進され潰瘍化します。
最初はちょっと傷ついた程度の病態が、
適切な初期治療を受けられないと
角膜潰瘍やデスメ膜瘤といった状態まで
重症化してしまうことありえますので注意が必要です。



この症例は、
角膜損傷で点眼治療を行った症例の2週間目の状態です。
通常の点眼治療を行っていましたが、
あまり改善せず重症化しています。
激し痛みがあり、また血様の涙があったとのことなので、
角膜潰瘍からデスメ膜瘤、
さらに角膜穿孔にまで至った症例です。

緊急的に処置を行い、
またオーナーの献身的な治療(頻回の点眼)により
数ヶ月後にはこの状態まで回復しました。



中央部に白濁部は残っていますが、
視力に問題はなく、日常生活に問題はありません。

眼の表面の傷も軽いものなら自然に治癒するものもありあますが、
長期化・重症化することもあります。
眼が痛そうなときは早めの受診を心がけてください。

獣医師 高木

投稿者 香椎ペットクリニック | 記事URL

2018年4月11日 水曜日

オフィシャルHPのアップデート

当院のホームページですが、機器や診療科目の拡充、変更に伴い、
少しずつアップデートしています。

この春からは新入社員も2人いますので、
近日中にスタッフ紹介していく予定です。


昨年導入された最新80列CTマルチスライススキャナについても、
画像を掲載しております。
http://www.kashii-pc.co.jp/equipment/


当院のブログをご覧いただければ、
CTの活躍ぶりもおわかり頂けると思います。
http://www.kashii-pet.jp/blog/2018/03/ctvol10-1431567.html


そして、同じく昨年から導入された専門医診療。
これについても詳細をHPに掲載しております。
画像診断専門医、皮膚科診療専門医、外科専門医など、
詳細は以下をご覧ください。
http://www.kashii-pc.co.jp/specialist/


そして、当院のフロアマップを現在作成中です。
当院は地下一階、地上2階の、3フロアからなっている事が
意外と知られていないので、
その辺りも今後アップデートしていきます!


そんな香椎ペットクリニックですが、
充実した施設・設備で一緒に楽しく働く仲間も募集しております。
よく学び、よく働き、そしてよく遊ぶ。
http://www.kashii-pc.co.jp/recruit/
興味のある方はご一報ください。


獣医師;河野

投稿者 香椎ペットクリニック | 記事URL