動物病院コラム

2019年1月26日 土曜日

雄の尿道結石

犬猫に共通して言える事ですが、

雄の尿道は長く、膀胱から遠ざかるほどどんどん細くなります。

そんな雄に膀胱結石ができて、尿道に流れた時には、

雌に比べて高確率で詰まってしまいます。

その場合は、尿道カテーテルなどを用いてなんとか膀胱に押し戻し、

膀胱切開をして結石を取り除きます。

直接尿道を切開して結石を取り出す方法もありますが、

術後の尿道の狭窄が問題となることがあるので、

お腹を開けなければならないのですが、できれば膀胱切開をしたいところです。

写真をご覧ください。



雄のわんちゃんのペニスです。

この子は、度重なる尿道結石に伴う尿道狭窄により、

いよいよ排尿に支障が出てきたため、

矢印の場所に新たに尿の出口を開設しました。

もともと陰のうがあった場所です。

この位置の尿道になると随分太いので、

仮にまた膀胱結石ができたとしても、

詰まる可能性はうんと低くなります。

もちろん、手術しないで済むのが一番ですので、

結石予防が一番大事なことですが、

予防が難しい結石があることも事実です。

膀胱結石は犬猫共に、日常の診療でよく遭遇する疾患です。

エコー検査、尿検査など、負担のかからない検査で

ある程度わかりますので、お気軽にお申し付けください。


獣医師 河野

投稿者 香椎ペットクリニック | 記事URL

2019年1月16日 水曜日

CT検査vol.17

今回はいろんなものを誤食してしまった子達のCT画像を紹介していきます。



犬も猫も人間と違って食べちゃいけないものの判断ができないので、いろんなものを口にしてしまいます。



食べ物ではあるけど動物たちにとって中毒を起こすものから、食べ物ではないものまでつい飲み込んでしまうことがあります。



今回は、その中で画像で確認できるようなものを食べてしまった動物たちのCT画像をお見せします。




これは横からの断面画像ですが、胃の中に赤い矢印で示した白い線状のものが異物です。

この画像だけだと、異物が棒状のもののようにみえます。



次に正面からの断面画像をみてみましょう。



赤い線で囲った中にある白いものが異物です。

さっきの画像と合わせてみると、何か薄い平べったいものに見えます。

異物を飲み込んでるのは確認できたので、内視鏡で取り除いてみると、シール(キャラクターもの)でした。




これは赤い矢印で示した数カ所の白い部分が異物ですが、どの断面でみても同じように見えました。

いくつかの異物を飲み込んだのかとも思いましたが、これも内視鏡でとってみると、ウェットティッシュを2~3枚飲み込んでいました。

柔らかい物だとどんな形をしているかわからないですね。



これらの異物は正確になんなのかは取り除かないとわかりませんでしたが、次にお見せするものは形がはっきりとしていたので、何を食べたか一目瞭然でした。



何かわかりますか?

何かの実のように見えますが、これは桃の種です。

わかる人は画像だけですぐわかったと思います。

正直僕は桃の種がこんな形をしているとは知りませんでしたが。笑



これらの紹介した動物たちは、みんな胃の中にあったので内視鏡で取り除くことができましたが、腸に流れて詰まってしまうことがあります。

そうなると、お腹を開けて取り除かなければいけなくなってしましいます。



動物たちは、自分で食べてはいけないものを判断するのが難しいので、変なものを食べないように気をつけましょう!





獣医師  木場

投稿者 香椎ペットクリニック | 記事URL

2019年1月 2日 水曜日

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
香椎ペットクリニックは年中無休で診療を行なっておりますので、
この3が日も診療を行っております。
9:00〜12:30、15:00〜17:00
3日までは、午後の診療は17時までとなっておりますので、ご注意ください。
4日から通常通り、午後は18:30までとなります。

今年は、香椎ペットクリニック初となる、総合健康診断がスタートします。
基本的なコースから、CTや内視鏡のコースもあります。
結果報告書は後日お渡しになります。
人間同様、健康診断は病気の早期発見にもつながりますが、
普段の生活を見直せる良い機会にもなります。
本院、分院の受付に案内のパンフレットも置いてありますので、ご自由にお取りください。





元日の朝、出勤途中で初日の出を迎えました。
今年も良い年になりますように。

香椎ペットクリニック



投稿者 香椎ペットクリニック | 記事URL