動物病院コラム

2020年6月28日 日曜日

ぽんずちゃんの成長記録①

前回紹介した、我が家の愛犬ぽんずちゃんの近況を報告させて頂きます。

最近はしつけを頑張っており、おすわり→お手→おかわり→ふせの流れで覚えてくれました。

何気ない時はリアクションが遅くイヤイヤ実行していますが、ご飯の時に指示をするととんでもない速さで反応します。(笑)

そんなぽんずちゃんですが、生後5か月と少しで手術を経験しております。

避妊手術と鼠径ヘルニア整復の手術です。

初回発情前に避妊することで将来的な乳腺腫瘍をほぼ100%予防できることが知られており、また子宮の病気の予防にもつながるためこのくらいの時期に手術をしてます。

鼠径ヘルニアとは、足のつけ根(鼠径部)の隙間からお腹の中の脂肪や腸管、膀胱などの臓器が飛び出してしまう病気です。

先天性のことが多く、隙間の部分で消化管や膀胱が詰まってしまい重症化することもあります。

幸いぽんずちゃんの場合は軽度の脂肪の脱出のみでしたので、脂肪をお腹の中に戻して隙間を縫合して終了です。

稀に再発することもありますが、現在のところ経過は良好です。

我が家の犬だけでなく診察にいらっしゃる動物たちに関しても、なるべく早期に異常を発見し対処できるように心がけたいと思います。

写真は野良ネコに興味津々のぽんずちゃんです。(笑)


獣医師;永松

投稿者 香椎ペットクリニック | 記事URL

2020年6月16日 火曜日

CT検査vol.28

今回はCT検査をしておいて良かったなと思った症例を紹介いたします。

紹介する症例の子はもともと、身体を痛がるとのことで来院されましたが、触診では腰や足などを触っても痛がる様子はありませんでした。

ただ、顔の方を触ると痛いのか触ると怒って噛みにくる感じでした。

よく診ると、歯石がかなりついており、口の中の炎症が酷くて痛みがあるのかな?とこの時は思っていました。

なので、おそらく抜歯もあるであろう歯科処置をすすめて処置をすることになりました。
同時にCT検査もすすめたところ、了承も得られたので歯科処置前に撮影しました。






CT画像をみて驚きました。
右の顎が折れてる...(赤い線が骨折している部分です)
だから、顔触ると怒っていたのかあ。

歯もかなり悪かったので、歯根膿瘍がひどく顎の骨が溶けて薄くなっているところに衝撃が加わり折れたのだと思われます。

正直、よく顎が骨折している状態でご飯食べれていたなあと思いました。笑

今回は歯科処置前にCT検査をして良かったと思います。
折れてしまうくらい顎の骨が脆くなっていたのがわかっていたので、いつもより慎重に歯科処置を行うことができました。
下手をすると、抜歯の際に顎をまた骨折させてしまう危険性がありましたので。

みなさんが飼われてる犬や猫も、口の中の炎症が酷くなる前にに定期的にスケーリングをして行きましょう。
たかが歯、されど歯です!



獣医師 木場

投稿者 香椎ペットクリニック | 記事URL

2020年5月30日 土曜日

誤食の続き

前回も誤食に関して、このコラムで書かせて頂きましたが、今回も違うタイプの誤食の症例を紹介します。
症例は7歳の元気な女の子のトイプードル。普段から食欲旺盛なのですが、ある日、夕食で食べた鶏料理の骨をオーナーが不注意で落としてしまいました。
あっと思った瞬間、そのワンちゃんはものすごい勢いで落とした鶏の骨に突進し、パクッとくわえました。
慌てたオーナーさんが取り上げようとしましたが、一瞬の内に飲み込んでしまいました。
急いで口を開けようとしましたが、その指に噛み付いてまで抵抗していたそうです。
仕方なくあきらめて、翌日に来院されました。
ワンちゃん自身は特に体調が悪い訳ではなく、ご機嫌で診察室に入ってきましたが、
レントゲンを撮ってみると・・・



ご覧の通り、しっかりと胃の中に鶏の骨が残っていました。
かなり大きいサイズでしたが、内視鏡で無事に摘出できました。



あまり噛み砕かずに丸呑みしたんでしょうね。
それだけワンちゃん自身も取り上げられまいと必死だったと思われます。

このワンちゃんは以前に椎間板ヘルニアに罹患し、それから頑張ってダイエットを行いました。
そのお陰で、ヘルニアの再発は回避できていますが、食に対しての欲求が強くなったそうです。

誤食が起こる理由は、食欲を満たすため、オーナーの気を引くためや好奇心で口に加えて、
勢い余って飲み込んでしまったりと、同じに見えて理由が違っています。
誤食が成功した時の達成感、その報酬を求めて何度も繰り返すのです

阻止するためには誤食できない環境作りや、動物の行動を予測して、事前の予防策がとても重要となるのです。

誤食の事故が減ることを願います。

獣医師 高木

投稿者 香椎ペットクリニック | 記事URL

2020年5月16日 土曜日

ダックスの結直腸炎症性ポリープ

最近、難治性の下痢、血便を主訴に
当院へセカンドオピニオンで来院した症例がありました。

結果的には、原因は下痢ではなく、
大腸のポリープに起因する「しぶり」と診断しました。
しぶりとは、便意があり、残便感があるにも関わらず、
便がなかなか出ず、わずかな便が排泄される状態です。

なぜ下痢と思ったか?
しぶりにより、大腸粘膜からの粘液やポリープから出血した血液が、
少量頻回に下痢のように排泄されたからだと推測されます。

ポリープは結腸と直腸の境目あたりに、
全周にわたって存在しており、
まずは内視鏡で一部組織を採材、
病理検査を行いました。

結果は表題の、
ダックスの結直腸炎症性ポリープ、でした。

このポリープは大型で孤在性であれば、
外科的切除が適応になりますが、
基本的には、免疫抑制療法による内科治療となります。

数ヶ月にわたる投薬治療が必要で、
治る子もいれば、再発する子もいます。
一生投薬が必要な子もいます。

今回の症例で、「臨床症状」を正確に捉える重要性を、
改めて再認識させられました。

どんな症状なのか。
その症状から候補となる疾患を想定しつつ検査を進める。
検査結果から、その症状が確実に説明できるのかどうか。
つまり、症状と検査結果に矛盾が生じていないことを確認していく作業を行いつつ、
その都度対応した治療を行っていく、これが小動物臨床なんですね。

今後も、症状から経験的、希望的観測で疾患を決めつけてしまわないよう、
しっかりと説明できる獣医師でありたいと思います。

獣医師 河野

投稿者 香椎ペットクリニック | 記事URL

2020年5月 3日 日曜日

新しい家族

今回は我が家にやってきた新しい家族を紹介いたします。



ミニチュアダックスとトイプードルのMIXの女の子です!
名前はぽんずちゃんです♪

1月から一緒に暮らして早くも3ヶ月が経過しましたが、イタズラっ子で非常に苦労しておりますww
 
先日はゲージから脱走しようとしてるところを目撃しました、、、



全く予想してなかったので非常に驚きました!ww


またトイレはある程度覚えてくれているのですがたまにずれてしまったりするので頑張って改善していこうと思います。




散歩が大好きですが、今は新型コロナウイルスの影響で外出自粛中なのでお家でのボール遊びなどで運動不足解消に努めてます。


ぽんずちゃんの成長記録を随時投稿出来ればと思いますので宜しくお願いします!

獣医師 永松

投稿者 香椎ペットクリニック | 記事URL