動物病院コラム

2019年4月 9日 火曜日

CT検査vol.19

今回は血栓症の症例を画像を使って紹介いたします。

血栓症は、血栓が形成される血管の場所や血流の程度によって、無症状のものから致死的なものまで、生じる症状や重症度は様々です。

血栓が形成される原因として、三つの要素があります。それは、血管壁の性状変化、血流の変化、血液成分の変化です。
これらは、全身性炎症性疾患、免疫介在性疾患、腫瘍、心疾患、蛋白漏出性疾患、代謝性疾患などに続発して起こると考えられています。

それでは、画像を見ていきましょう。

今回の症例の子はIBDという炎症性腸疾患を患ってた子で、蛋白漏出性疾患から続発して門脈内に血栓が生じてしまった症例です。



上の画像は腹部の超音波検査で確認された画像ですが、最初はこれがまさか血管内に生じた血栓とは分からず、リンパ節なのか腫瘍性のものなのかと試行錯誤していました。

なので、CT検査をしてみると下の画像のように血管内に造影剤が染まらない部分があるのが確認されました。



わかりやすくするため、染まらない部分を青色で塗りつぶしてみました。

この塗りつぶした青色の部分が、血栓です。
CT画像を見た後に、再度腹部の超音波をあてて見てみると超音波でも血栓がある事がわかってきました。
先ほどのエコー画像で見てみましょう。


青く塗りつぶしているのが血栓で、その周りの黒く抜けている部分が血管です。

このように超音波検査とCT検査の組み合わせで、その正体を突きとめることができました。

CT検査で全てがわかるわけではありません。

数ある検査の中の一つです。

他の血液検査やレントゲン検査など複数合わせ、総合的に診断を下していきます。

人間と違って動物は喋ることができないので、なかなか検査を絞ってすることは他の病気を見逃してしまうリスクがあり、難しいです。

もちろん検査をするにも飼い主様の協力も必要となってきますので、今後も丁寧な説明を心がけ、飼い主様と一緒に診療をすすめていきたいと思います。


獣医師  木場

投稿者 香椎ペットクリニック | 記事URL

2019年3月25日 月曜日

治らない涙

とあるワンちゃんのお話です。
そのワンちゃんは月に一度は来院されているのですが、
ある時に「一週間前くらいから涙が増えてきたんだよね」
とオーナーから言われました。
診察してみると、確かに左眼の方が内側に涙が溜まっていました。
少し目を閉じる時はあるが、一日中ずっとではないとのこと
白目の部分にわずかに充血が確認されました。
一応、角膜に傷がないかを確認するためにフルオレセイン染色を行いましたが、
染色液が染まるような傷は見当たりませんでした。

多少の目やにもあったので、結膜炎かと考え、抗生物質の点眼薬を処方し、経過観察としました。

2週間後に定期健診で来られた際に、
「前の診察以降も涙と羞明は変わらない」と言われました。
しかし、眼を擦ったりすることはないとのことでした。

どこかに見落としがあるのか?と思いながら、スリットランプ(細隙灯顕微鏡)で検眼してみると眼瞼におかしなものを見つけました。




わかりづらい写真で申し訳ないのですが、上の瞼の縁あたり(赤線で囲んでいる部分)に粘液のような塊がありました。
これは衣類の線維みたいなものが丸まったものでした。
生理食塩水で洗い流そうと思っても流れず、綿棒で擦って撮ることが出来ました。
それからは涙も目ヤニもピタッと治まったそうです。
おそらくこれが眼の表面に当たっていて、その刺激で涙や目ヤニがあったのでしょう。
眼瞼にかなりピッタリと付着していたので、簡単には取れなかったのでしょう。

角膜に傷が見られず、眼を気にする行動もなかったので、異物等はないだろうと判断していました。自分としては大変勉強になる症例でした。

獣医師 高木

投稿者 香椎ペットクリニック | 記事URL

2019年3月13日 水曜日

自動受付機導入のお知らせ

3月より、タッチパネル式の自動受付機を導入いたしました。

飼い主様には順次、専用カードをお渡ししております。

次回ご来院の際は、ぜひご利用くださいますようお願い申し上げます。

外来(診察、手術、入院)
処置(爪切り、耳洗浄、肛門腺絞り、皮下点滴、投薬、体重測定など)
お薬やフードの処方
ご面会(ご面会、お話のみ)
退院お迎え
ホテル(ホテル、診察とホテル)
トリミング(トリミング、診察とトリミング)

以上からお選び頂き、さらにカッコ内の選択肢に進みます。

自動受付機での受付が優先されますので、まずは受付機での受付をお済ませください。

詳細は後ほどスタッフが伺いますので、お掛けになってお待ち下さい。

初診の方は、従来通り受付までお越し下さい。


投稿者 香椎ペットクリニック | 記事URL

2019年2月26日 火曜日

CT検査vol.18

今回は猫のリンパ腫の症例をCTの画像を使って紹介いたします。

猫のリンパ腫の発生は、猫白血病ウィルスや猫免疫不全ウィルスの感染が関連あると言われています。

もちろんウィルスとは関係なく発生する場合もあります。

これらのウィルスが関連して発生するリンパ腫は、比較的若齢(平均3歳)で発生し、ウィルスとは無関係に発生するリンパ腫は中~高年齢(平均7歳)で発生する傾向があります。

今回紹介するリンパ腫の猫は、エイズも白血病のウィルスにも感染しておらず、年齢も7歳です。

また、症例の猫は、全く症状は出ていなかったのですが、健康診断にてリンパ腫の発見に至った症例でもあります。

そこでCT検査にも至ったわけですが、まずその画像を見て行きましょう。



どこに異常があるかわかりますか?



赤い丸で囲った3箇所が異常な部位です。

これらは全てリンパ節が腫れて大きくなっているのです。

一番大きくなっているもので2cmもあります。

これだけ大きくなって、嘔吐や下痢などの消化器症状が出ていなかったのが不思議なくらいです。

リンパ節は、普通は超音波やCTなどでも確認できない程ではありますが、周囲に炎症があったり、今回の様に腫瘍化してしまうと腫れて大きくなるので、検査で確認できるようになります。

リンパ腫の治療は抗がん剤になります。

抗がん剤の治療も単独で1種類のものを使用したり、複数の種類のものを使用したりと様々です。

症例の猫は、複数の抗がん剤を使用する方法を選択し、治療を開始しました。

すると、抗がん剤の反応が良く、1週間後には大きくなってたリンパ節も大分小さくなってきました。



この画像は超音波の画像ですが、中央の黒い部分がリンパ節でもともと1番大きくなっていたリンパ節です。

大きさを測ると半分の1cmまで小さくなっており、他の2箇所はほとんどわからない程でした。

今回は健康診断にて症状が出る前に発見できたので、治療の反応も良かったのかもしれません。

悪化してからでは手遅れになってしまうこともあります。

何か異変があればもちろんのこと、そうでなくても定期的な検査はしていきましょう。




獣医師 木場




投稿者 香椎ペットクリニック | 記事URL

2019年2月11日 月曜日

歯の異常

食事中に口を痛がって、食事が食べづらそうとの稟告で診察に来られたあるワンちゃん。
口を見てみると、上の顎にある前歯が正常とは違う方向に向いており、それが口腔粘膜に刺さるように当たっていました。
軽度の歯石が付着しており、口内炎も認められました。
この前歯は幼い時からあったそうですが、最近になって粘膜に当たっていることに気付いたそうです。



上向きの歯と唇の裏側に陥没した部分がわかるかと思います。
これが左右両側に発生していました。

この陥没部の痛みなのか、口内炎の痛みからかはわかりませんが、
後日、歯石除去と抜歯を行うことになりました。

手術時に撮ったレントゲン写真がこちらです



犬歯より前にある歯は切歯と呼ばれ、モノを捕まえたり、噛み切る役目になります。
全部で3対(6本)ありますが、一番外側の第3切歯の先端が他と違う方向に向いています。
これは歯が軸回転をしていて、先端が180度近く回転した状態でした。

わかりやすく説明すると下の2枚の写真の状態です。





上が正常、下が軸回転させたものです。
このように歯先が上に向かっていて、これが粘膜に当たっていたのです。
あまり見られる症例ではありませんが、歯並びに問題ある子は少なくありません。
歯磨きの時など、歯のチェックも行いましょう。


獣医師 高木

投稿者 香椎ペットクリニック | 記事URL