動物病院コラム

2019年11月27日 水曜日

形成外科

形成外科とは、
皮膚の病変に対して行う切除、
それらの手術で失った組織は機能の再建、
などを意味します。

少し前に、マージン確保のための拡大切除(初回の手術で取り切れていないであろう悪性腫瘍組織を一回り大きく切除する)と、
それに伴い欠損した肉球に対する肉球再建術を実施しました。


手術前の写真で、
②の赤丸の範囲が、最低限切除したい範囲です。
切除を行い、大きな肉球の半分近くが無くなりました。

肉球は動物にとって靴と同じです。
靴がないと足の裏をケガしやすくなってしまいます。

なので、欠損した肉球を補うべく、
①の指の肉球を、欠損した②の部分まで移設する手術を行いました。



この段階ではまだ抜糸が完了していませんが、
経過は良好です。
現在でも再発はなく、歩行にも問題は出ていません。

腫瘍は様々な場所にできます。
腫瘍の種類、できた場所、大きさ、深さなど、
条件次第で治療内容も大きく変わります。
手術で根治が期待できるものの他、
手術+放射線療法、
手術+抗がん治療、
手術適応外につき抗がん治療がメインになるもの、
などです。

切除ができたとしても、
術後の生活の質が落ちないよう、
今回の症例のような再建術が必要になります。

これからも、様々な症例に出会うことでしょう。
あらゆる症例に対応できるよう、
日頃からスキルの鍛錬、維持に努めていかなければ、と存じます。

また、当院では外科、画像診断、皮膚科の各専門医による専門医診療も行なっております。
それ自体、僕らにとっても大変勉強になります。
最新の知識や技術へのアップデートも心がけて行きたいと思います。

獣医師;河野






投稿者 香椎ペットクリニック | 記事URL

2019年11月17日 日曜日

歯周病

皆さんのワンちゃん、猫ちゃんに顔を近づけた時、ひどい口臭がしたりしませんか?

またその他にも鼻水、くしゃみ、眼の下の腫れ、よだれがいっぱい流れる、
特に猫ちゃんでの食欲低下や体重減少の原因の一つとなっています。




人と違って犬や猫の歯の表面が虫歯になることはほぼありません。
歯の表面に食べカスなどが残り、そこに細菌が集まることで歯石を作ります。
しかし重要なのは歯の見えている表面ではなく歯根なのです。
歯の根っこに細菌が増殖したりして口臭や膿の原因を作ったり、
更に酷くなれば骨を溶かして穴を作り鼻水や眼の下の腫れなどの症状に繋がります。

ペットサロンなどで無麻酔歯石除去をみかけますが、
歯肉炎や歯周病の観点から言えば、やはり麻酔をかけて、
しっかりと歯周ポケットの歯石を除去しなければなりません。


じゃあどうしたらよいかというと、
歯科用レントゲンの設備を持った病院で歯石取りをお願いすることが重要となります。
私たちの病院では歯科用レントゲンの機材を完備し、
しっかりと歯根部のレントゲンを撮影し、抜歯するべきなのか、
それとも歯石除去やその他の処置でその歯を温存できるのか、
判断して処置を行うことができます。








ワンチャン、猫ちゃんを飼い始めたら若いうちからしっかりと歯ブラシで歯磨きをする、
食後は歯の汚れを拭き取るといった行為を心掛けてください。
ハミガミガムなどのみでは歯と歯茎の隙間の汚れをとるのは難しいです。
またそれでも歯石が溜まってしまうケースが多く、
年1回程度のスケーリングをお勧めしています。
定期的にスケーリングを行えば処置も軽くすみますし、
抜歯などがなければ日帰りです。

ワンチャン、猫ちゃんの寿命も今や20歳を越える子を見かけることも珍しくなくなりました。
歯周病は放っておくと腎臓、肝臓、心臓などへも悪影響を及ぼす可能性があります。
大切な御家族の健康を守るためにも一度歯石取りを検討されてはいかがでしょうか?


獣医師の卵 

投稿者 香椎ペットクリニック | 記事URL

2019年11月 2日 土曜日

消化管内異物

消化管内異物

前回は胃内異物をご紹介しましたが、今回は胃以外の異物の症例をご紹介しようと思います。

まずはこちらのレントゲン画像です。



左側が頭で右側がお腹です。

青矢印が心臓、赤矢印が胃になります。

問題は緑矢印です。この辺りは肺や気管支があります。空気はレントゲンでは黒くうつりますので通常は黒くなりますが、大きな白い陰影が認められます。

そこで内視鏡の出番です。
実際に内視鏡を使用して食道を覗いてみました。

すると.........



飼い主様よりおやつの盗み食いの後より具合が悪くなったと聞いておりましたので、この時は胃に押し込んで事なきを得ました。



食道の異物があった部分はかなり炎症がおきていました。

こういった事が原因で異物が無くなったあとも食道炎や食道狭窄などが続発することがあるので注意が必要です。


次の症例です。



一見すると特に何も無いようにみえますが、矢印の部分に閉塞像が認められます。

そこで、特殊な器具を用いて撮影したレントゲン画像がこちらです。



他の部分と比べて明らかに太くなっている箇所が分かるかと思います。

実際に開腹して消化管から摘出したものがこちらです。



動物は本当に色々なものを丸呑みしてしまいます。

そういった物が届く範囲に無ければこういった事にはならないので予防に努めて頂ければ幸いです。


獣医師 永松

投稿者 香椎ペットクリニック | 記事URL

2019年10月27日 日曜日

CT検査vol.22

今回は症例ではなく、本院で使用しているCT画像を取り扱うシステムの機能の一つをご紹介させていただきます。



はじめにどの様な機能かと言いますと、CT画像で物体を抽出して、物の体積を測定する機能です。



また、その機能をどんな時に使うのか?

例えば身体のどこかに腫瘍などの塊状物が発生した時、だいたいの大きさなんかはレントゲンやエコー検査である程度測定することはできます。

エコー検査では、機械によってはある程度の体積も測定することはできますが、発生した物の部位によっては測定することはできません。

そんな時でCTであれば全体的に3Dの画像を構築することができるので測定可能です。



今回は実際に、胸腔内に塊状物が発生した症例の画像を使って簡単に紹介させていただきます。



上の画像は症例の3D画像です。





赤線で囲っているのが心臓で、青線で囲っているのが胸腔内に発生した塊状物です。

断面3方向の画像はこんな画像です。⬇︎(下画像)





これらの断面画像を使って塊状物を囲っていく作業を下の画像のようにしていきます。

(黄色い線で囲っていきます)







これをある程度の感覚で作業していくと下の3D画像のように塊状物だけを抽出することができます。



抽出できたら、後はボタンをクリックするだけで簡単に体積を測定することができます。



簡単そうに見えますが、そこそこ抽出作業が実は面倒です(笑)



このように物の体積が測定できると、例えば抗がん治療をして腫瘍がどれだけ小さくなったのかも正確に測定することができますし、また手術前においてもどの程度の大きさのものなのかも把握することができます。



こういった機能を上手く使って、今後の診療に役立てるように活用していきたいと思います。


獣医師;木場

投稿者 香椎ペットクリニック | 記事URL

2019年10月 8日 火曜日

猫の角膜分離症

この病気は、角膜黒色壊死症とも呼ばれており、角膜上に黒色斑が形成されるのが特徴です。
発症初期は薄茶色に変色し、特に症状はありませんが、進行すると黒く痂疲状に変色し、壊死組織となっていきます。
 
症状としては角膜表面が濁ってきたり、流涙や目ヤニが増えたり、疼痛症状も見られてきます。
壊死組織が剥離されると、角膜潰瘍が生じ、重度になると角膜穿孔にまで至るものもあります。

どの品種の猫でも起こりうる病気ですが、ペルシャ、ヒマラヤン、シャムの発生が多く報告されています。

詳しい原因やメカニズムは不明と言われていますが、猫ヘルペスウィルス1型の感染による慢性の角膜潰瘍や眼瞼内反症などによる慢性刺激などが原因と考えられています。
猫ヘルペスウィルス1型は「猫カゼ」を起こすウィルスですので、慢性化した猫カゼの猫ちゃんは注意が必要です。

治療は基本的には対症療法になり、角膜潰瘍に対する内科治療(点眼剤)や猫カゼ症状もあれば抗ウィルス治療も行います。
内科治療に反応しない症例や、壊死組織の脱落により角膜穿孔が起これば外科手術が必要になります。
 


写真の症例は、涙が増えていることと1ヶ月前から眼に黒いシミが出来てきたということで来院された10歳の雑種の猫ちゃんです。
この猫ちゃんは、以前からくしゃみ・鼻水などの猫カゼ症状が長期化していたそうです。
現在は点眼治療、内服治療で経過観察中です。

この病気は治療に際して、長期的な経過になることが多く見られます。
定期的に再診を行い、状況の変化を確認しながら治療を行っていきます。

普段から、涙や目ヤニが多く、症状が持続している時は診察をお勧めします。

獣医師 高木

投稿者 香椎ペットクリニック | 記事URL