動物病院コラム

2018年2月25日 日曜日

乳腺腫瘍

今回は、犬の乳腺腫瘍の部分摘出についてお話しします。
まずは写真をご覧下さい。

矢印で囲まれた部分が、乳腺腫瘍です。
このような乳腺腫瘍は、外科的摘出が第一選択となります。

外科的摘出には全身麻酔が必要になるので、
術前検査として、血液検査、レントゲン検査、エコー検査、尿検査を行ないます。

更に、このような腫瘍性疾患の場合には、
現時点で肺に転移が見られるかどうかが、重要なポイントになります。
当院では、80列CTでそれを確認していきます。

この症例では、肺に転移像は見られませんでした。
しかし、乳腺腫瘍の近くのリンパ節が反対側と比べると、
軽度に腫大していました。
これもCTで確認していきます。

矢印で囲んだ二つの塊のうち、一つが大きいことがわかります。

これらを確認した上で、手術を行っていきます。
術後の傷はこのようになりました。

腫瘍だけでなく、付属するリンパ節を含み、大きく切除しました。

犬の乳腺腫瘍は、50%の確率で悪性と言われています。
人間同様、早期発見と的確な切除が大事になってきます。

乳腺腫瘍に関して何かありましたら、
遠慮なくご相談ください。

獣医師;河野

投稿者 香椎ペットクリニック | 記事URL

2018年2月16日 金曜日

CT検査vol.8

今回は犬に発生した腫瘍の症例を紹介したいと思います。

腫瘍の検査としてそれがどんな腫瘍なのか、
また良性のものなのか悪性のものなのかを検査するには
病理検査が必要になってきます。

その腫瘍が皮膚または皮下に発生したものであれば
触診や視診等である程度気づくことができますが、
身体の中に発生したものは
レントゲン検査、超音波検査やCT検査といった
画像診断が必要です。

特にCT検査では造影剤を使用して撮影すれば
その腫瘍が臓器にどの程度浸潤しているのかや
転移しているのかを知ることができ、
手術前に外科的に取り除くことができるのかどうかを知ることができますし、
術前にどのような方法で取り除くのか計画を立てることができます。

今回紹介するのは犬に発生した前立腺の腫瘍です。

これは造影剤を使用して撮影した
CTの3D画像です。
青い線で囲っているのが膀胱で
赤い線で囲っているのが前立腺です。

画像をみると
前立腺の腫瘍が膀胱に入り込んでいるように見えます。

CT撮影前の超音波検査では
膀胱内の腫瘍なのか前立腺の腫瘍なのか判断しづらかったのですが
CT検査で前立腺の腫瘍だと判断できました。

前立腺の腫瘍は去勢してない犬に
ある程度高齢になってから発症する可能性があります。

去勢手術をすることで、前立腺をはじめ、
いくつかの病気を未然に防ぐことができます。
もし、繁殖等の目的がなければ早めの去勢手術をおすすめします。


獣医師 木場

投稿者 香椎ペットクリニック | 記事URL