動物病院コラム

2014年1月29日 水曜日

ペットの去勢、避妊手術の適切な時期

犬の去勢手術、避妊手術はともに生後4、5カ月頃から対応しています。
適切な時期としては大体、生後半年頃の手術をお勧めしています。

猫は個体差が大きいことや、生まれた季節の影響も大きいことなどがあって、時期の幅が広くなりますが、女の子は生後5、6カ月頃に最初の発情を迎えることが多いので、その前に避妊手術をしておかれることをお勧めしています。
男の子の去勢手術は犬と同じく生後半年頃をお勧めしています。

生まれて間もない頃に家族の一員となっても、ペットの生後半年というのはビックリするぐらい早く過ぎるものです。

「うちの子はまだ子供だから」とのんびりしていると、あっという間にペットたちは成長して大人になっていきます。
あらかじめカレンダーに印をつけておくなりして、飼い主さんが気をつけてあげましょう。

投稿者 香椎ペットクリニック