動物病院コラム

2016年12月 2日 金曜日

猫ちゃんのために

新しく猫ちゃんを飼われる方には、
他にも猫ちゃんを飼われてる方、初めて猫ちゃんを飼われる方、
お知り合いの方から譲り受けて飼うことになった方など、色々な方がいらっしゃると思います。

特に、初めて猫ちゃんを飼われる方、そもそも動物を飼うのは初めてだという方は、
飼うことになったものの、最初は何をしてあげたらいいのかわからないと思います。

今回は猫ちゃんを飼うことになった時、何をしてあげたらいいのかをお伝えしたいと思います。

まずは寄生虫についてです。
お外で出てしまったり、または例え室内飼いでもノミ、ダニ、シラミ等に寄生されてしまうことがあります。
寄生された子の身体をよく見るとノミが跳ねてたり、ノミのフンが身体についてたりしています。
それらに寄生されるとかゆみが出たり、ひどくなると皮膚炎を起こしたり貧血になったりしてしまいます。
なので、病院でしっかりと寄生虫の駆虫をしてもらいましょう。

耳の中をみてみると耳垢が大量について汚れている猫ちゃんもいます。
このような猫ちゃんは、耳に寄生するダニに寄生されている可能性が高いので、
しっかりと耳をキレイに洗浄してもらい駆虫をしてもらいましょう。

便の調子が悪いという子も多くいます。
こちらは病院で糞便検査をしてもらい、まず腸の中に寄生虫がいるかどうかや、お腹の中の細菌を調べてもらいましょう。

また、ペットショップさんから猫ちゃんを飼われる方も多いと思います。
ペットショップさんでもきちんと管理はされてると思いますが、
新しいオーナーさんに飼われるまで症状がでていないだけで、
もしかしたら体内に虫が潜んでる可能性もあります。
もし寄生虫にかかっていたら、お薬を飲ませて駆虫をしなければなりません。

飼われた猫ちゃんがエイズウイルス・白血病ウイルスに感染しているかどうかわからない場合や、
外に出てしまった場合は、それらを調べる検査も大事です。

外にはたくさんの地域猫がいます。
その中には病気をもった地域猫もいるので、飼われている猫ちゃんが外にに出てしまった場合に、
それらの猫と接触すると、上述のウイルスや寄生虫に感染してしまう可能性があります。

今回は飼われた猫ちゃんにできる最低限のことを話しましたが、
他にも猫ちゃんを飼っていく上で、ワクチンは打った方がいいのか?
避妊、去勢はした方がいいのか?などわからないことがでてくると思います。
気になることやわからないことがありましたら病院にご相談下さい!

獣医師 木場

投稿者 香椎ペットクリニック