動物病院コラム

2017年4月18日 火曜日

外耳炎の外科的治療法

外耳炎は、特にこれからの季節に発症しやすい病気の一つです。
軽度のものならば、耳道の洗浄や点耳薬で治療が可能ですが、
重度のものになると、耳道が腫れあがったりポリープができてしまったり、
通常の外用薬での治療が困難なものもあります。

内科治療で治るにこしたことはないのですが、
残念ながらそれでは治らない症例もあります。

その場合は外科的にアプローチしなければなりません。
下の画像をご覧下さい。

これは、ワンちゃんの耳の穴を一部切除する手術をした後の写真です。
白の↑が指しているところが耳の穴です。

ワンちゃんの耳の穴は人間と違い、L字型に曲がっています。
なので、普通にのぞき込んでも鼓膜は見えません。

この手術を行う事で、L字の縦の部分が無くなるので、
人間と同じような耳の構造になります。
下の↑で囲んだ部分が、本来は耳の穴で隠れている部分です。


この手術を行うことで、狭くなった耳の穴の通気がよくなり、
お薬も良く浸透するようになります。

そうすれば、このワンちゃんは痒みや痛みから解放され、
生活の質がグンとあがります。

前述しましたが、これから梅雨や夏場と、高温多湿の時期がやってきます。
そうすると皮膚やお耳のトラブルが増えてきます。
外耳炎に気づかずに夏を過ごし、秋冬あたりにひどくなって来院するケースも
少なくありません。

外耳炎になると、耳を掻いたり頭を振ったりするしぐさが増えてきますので、
そんなときは早めに診察を受けましょう。
お気軽にご相談ください。

獣医師;河野

投稿者 香椎ペットクリニック