動物病院コラム

2018年8月26日 日曜日

検査の大切さ

先日、びっこを主訴に来院されたワンちゃんのお話です。

そのワンちゃんは、朝から急に右の後肢をびっこしながらベッドから起きてきたそうです。
数時間様子を見ていましたが、あまり変化がなかったので、キャリーバッグに入れて安静の状態で病院に来院されました。

しかし、病院に来て、いざ診察室でキャリーバッグから出ると、先程までのびっこはどこへやら、
軽快な足取りで診察室内を歩き回っていました。
オーナー様も「家ではあんなに痛そうにびっこしてたのに・・・」と不可思議な表情に。
触診を行ってみても、ワンちゃんは痛がるどころか気にする様子もありません。
何度も診察室内を歩いてもらいましたが、一度もびっこをすることなく、ジャンプまで見せてくれました。

一応、確認のためにレントゲンを撮ることになりました。



脱臼や骨折の心配はなさそうだなと思っていたところ、写真の上の方に白く四角いものが見えます。改めて、その部分を中心に撮影してみると



胃の中に異物を発見しました。映り方から推測すると、金属が疑われます。
オーナー様に確認したところ、心当たりはないとのことでしが、
過去に誤食の経験があるとのことでした。
内視鏡をして摘出してみると



このような金属のプレートが出てきました。
再度、オーナー様に見せても、いつどこで口にしたのか見当がつかないとのことでした。
ちなみに食欲低下や嘔吐などの消化器症状は一切ありませんでした

今回、跛行で検査をした時に偶然に発見できました。大事になる前に発見できて良かったです。
健康そうに見えてても、予想外に病気は隠れているものです。
検査の重要性を再確認できた一例でした。

獣医師 高木



投稿者 香椎ペットクリニック