動物病院コラム

2018年10月24日 水曜日

CT検査 vol.15

今回はCT検査での脳疾患の症例を紹介したいと思います。



脳の画像診断に関しては、CT検査に比べ、より組織の状態がわかるMRI検査の方が優れていますが、CT検査でもある程度診ることができます。



今回の症例は犬の髄膜腫です。

髄膜腫は一般的には高齢の犬猫に発生し、最も発生頻度の高い脳腫瘍です。

また、犬の場合は隣接する正常脳へ腫瘍細胞の浸潤をともなう悪性所見を示すものが多いのですが、それに対して猫の場合は良性の場合がほとんどで、正常脳との境界が明瞭なことが多いです。







上のCT画像は造影剤を流して撮影した画像ですが、どこに腫瘍があるかわかりますか?





赤い丸で囲った脳の部分に造影剤で白く染まって撮影されている部分が腫瘍です。

頭の前の方に位置する前頭葉と呼ばれる部位に腫瘍が発生しています。

ちょうどオデコのあたりの脳ですね。





違う断面のCT画像で見て診ると、前頭葉の中央を境界にして右側に発生しています。





この症例は犬ですが、腫瘍と正常な脳との境界がはっきりしており、他の脳への浸潤はありませんでした。



脳の手術はかなりのリスクを伴う難しい手術ですが、この症例の子は外科手術適応でした。

頭蓋内の手術に関しては、専門医院を紹介させて頂きます。

手術は無事成功し、現在では元気に生活しています。



最終的な診断として、腫瘍がどこまで発生しているかを詳しく診るにはMRI検査が必要となってきますが、CT検査でも、このように脳の疾患はある程度発見することができます。



MRI検査だと撮影に時間がかかるのでどうしても麻酔処置が必要になってきますが、当院の80列CT検査では撮影が早いので、麻酔処置なしで撮影することができます。

なので、てんかん発作やふらつきなど、脳疾患を疑うような症状があれば、まずはCT検査を行ってみるのもいいと思います。

病気の早期発見をしていきましょう。





獣医師 木場




投稿者 香椎ペットクリニック