動物病院コラム

2019年11月27日 水曜日

形成外科

形成外科とは、
皮膚の病変に対して行う切除、
それらの手術で失った組織は機能の再建、
などを意味します。

少し前に、マージン確保のための拡大切除(初回の手術で取り切れていないであろう悪性腫瘍組織を一回り大きく切除する)と、
それに伴い欠損した肉球に対する肉球再建術を実施しました。


手術前の写真で、
②の赤丸の範囲が、最低限切除したい範囲です。
切除を行い、大きな肉球の半分近くが無くなりました。

肉球は動物にとって靴と同じです。
靴がないと足の裏をケガしやすくなってしまいます。

なので、欠損した肉球を補うべく、
①の指の肉球を、欠損した②の部分まで移設する手術を行いました。



この段階ではまだ抜糸が完了していませんが、
経過は良好です。
現在でも再発はなく、歩行にも問題は出ていません。

腫瘍は様々な場所にできます。
腫瘍の種類、できた場所、大きさ、深さなど、
条件次第で治療内容も大きく変わります。
手術で根治が期待できるものの他、
手術+放射線療法、
手術+抗がん治療、
手術適応外につき抗がん治療がメインになるもの、
などです。

切除ができたとしても、
術後の生活の質が落ちないよう、
今回の症例のような再建術が必要になります。

これからも、様々な症例に出会うことでしょう。
あらゆる症例に対応できるよう、
日頃からスキルの鍛錬、維持に努めていかなければ、と存じます。

また、当院では外科、画像診断、皮膚科の各専門医による専門医診療も行なっております。
それ自体、僕らにとっても大変勉強になります。
最新の知識や技術へのアップデートも心がけて行きたいと思います。

獣医師;河野








投稿者 香椎ペットクリニック