動物病院コラム

2020年9月12日 土曜日

歯の破折について

人間であれ、動物であれ、歯は消耗品です。
乳歯であれば生え変わりますが、
永久歯は抜けてしまったらもう生えてきません。

犬でも猫でも、歯のトラブルは人間と同様です。
一番多いのは歯周病でしょう。
人間のような歯磨きが毎日できるわけではありません。
私が診てる患者さんで、人用の電動歯ブラシを用いて磨いていらっしゃる方もおられますが、
これができるのは非常に稀なケースだと思います。
人間でさえ、毎日磨いてても歯周病になる人はなります。

さて、今回はタイトルにもあるように、歯の破折についてです。
歯はどんな時に折れるか?

猫ちゃんであれば、外でよくケンカをするオス猫なんかは、
犬歯が折れている、欠けているのをしばしば見かけます。

では、ワンちゃんでは??
私が一番多いと感じるのは、硬いおもちゃ、硬いおやつ、例えばヒヅメです。
人間でも、噛むことはストレス解消につながると言われています。
ワンちゃんでも同様でしょう。
ただ、個体個体の歯の強さ、噛み癖によっては、歯も割れる場合もあるのです。

先端が少しかけた、少しずつ磨耗していく分にはほぼ問題にはなりませんが、
歯の根っこに向かって縦にわれてしまった場合は、、、
残念ながら歯を温存することは非常に困難な事が多いです。
ほとんどの場合が抜歯の適応になります。

若くて元気な子がガリガリ噛んで歯が割れて、
抜歯の適応になった場合、、、
根っこ自体は健康なので、抜歯にはかなりの時間を要します。
一番割れやすいのは、噛む時に一番使われる、一番大きくて根っこが3本もある歯、第4前臼歯なんです。
歯周病もなく、歯槽骨もしっかりしているので、
縫合して閉鎖するためには、抜歯後の骨の切削が必要です。



画像は、手術後の写真です。
若いこなので、他の歯はすごく綺麗です。

硬いおもちゃやおやつがダメとは言いませんが、
その子の性格や噛み癖によっては、今回のような事態になる可能性があります。
そのことを踏まえて、よく観察して、
状況により与える物を選択してあげましょう。

余談ですが、上述した電動歯ブラシですが、
その影響で私自身も購入しました(笑)
某国内メーカーのW音波のやつ。
めっちゃ良いです。手磨きには戻れません(笑)。

獣医師;河野






投稿者 香椎ペットクリニック

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30