動物病院コラム

2021年1月11日 月曜日

角膜穿孔

今回も眼のお話をいたします。
1ヶ月前から右眼が白く濁っており、白内障と診断されていました。
ある日、右眼を開けなくなり、出血のような涙が出てきたとの稟告で
来院されました。
右眼はかなり重症で、オーナーの抱っこから診察台に降りた瞬間に右眼から円形のあるものが落下しました。
それは水晶体だったのです。重度の角膜潰瘍から穿孔に至り、眼房水とともに水晶体が脱出してしまったのです。
とりあえず応急処置としてステープラで眼瞼を縫合し、今後の治療方針をオーナーと協議することになりました。というのは、全身検査を行って、心疾患と腎不全が見つかったからです。麻酔のリスクを考え、とりあえず点眼治療で経過を見ることになりました。
穿孔した穴は点眼治療のみでは思うように回復は難しいのですが、この症例は4日目には眼房水の流出がほぼ見られなくなりました。過去の同症例でもこんなに早く回復傾向を見せたものはありませんでした。
確認のために眼瞼縫合も外して眼科検査を行いました。



これが眼表面の写真ですが、予想よりも早く穿孔部が塞がっていました。
眼内エコーも実施したところ、ある事実が見つかりました。



この画像をみると、本来は中央にある虹彩が上側(角膜側)に移動しています。(矢印方向)
移動した虹彩が穿孔部を塞がりやすくっしているように感じます。
もしかしたらそれにより早い回復が得られているかも知れません。
まだ治療経過中なので、このまま順調に回復していけばいいなと願いつつ治療を続けています。

角膜穿孔や眼球破裂は緊急症例です。状況により外科治療、内科治療を健康状態を確認して最適な治療を選択していきます。
眼の異常時には、様子を見ずに診察を受けましょう。

獣医師 高木


投稿者 香椎ペットクリニック

カテゴリ一覧

カレンダー

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31