動物病院コラム

2021年3月28日 日曜日

CT検査vol.35

今回は、猫の腎臓の先天的な奇形の症例を紹介させていただきます。

今回の症例は、特に臨床症状が出ていたわけではないですが、生後5〜6ヶ月齢の猫で去勢手術の際の検査にて、腎臓に嚢胞がみつかったので、CT検査を行いました。

嚢胞とは、液体などがたまった袋状の構造ですが、小さかったり、単体だと特に問題はありません。

今回の症例も、まだ嚢胞自体は小さく、数カ所しか発生していませんでしたが、嚢胞の発生状態を全体的に把握するのと、腎機能を評価するためにCT検査を実施しました。


赤い矢印で示している箇所が嚢胞部分です。

CT検査では、通常通り造影剤を排出されており、機能的には問題なさそうでした。

まだ、5〜6ヶ月齢の猫で腎嚢胞がみられたので、おそらく遺伝的に発生したものだと思われます。

現時点では問題なさそうでしたが、成長とともに嚢胞が大きくなったり、多数発生してしまうと腎不全を起こしてしまい症状が出てくることがあるので、まだ若齢の猫ですが定期的に検査していく必要はありそうです。



獣医師  木場


投稿者 香椎ペットクリニック

カテゴリ一覧

カレンダー

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31