動物病院コラム

2021年5月30日 日曜日

CT検査vol.36

今回はまた、誤食してしまった症例のCT画像を紹介していきます。

何を食べてしまったかというと、なんと釣り針です。
どうやら海岸の散歩中に食べてしまったようです。


画像をみていきましょう。







どこに釣り針があるかわかりますか?

釣り針は胃の方まではいかず、途中の食道に引っかかっておりました。

気管や血管などの損傷はなかったのが、不幸中の幸いでした。

最初は内視鏡にて摘出を試みましたが、針先が食道を貫通していたため、引っ張り出すことができず、開胸手術を行って摘出しました。

食べてしまったものは小さいですが、鋭利なものだと今回のように開胸手術になったり、回腹手術になってしまいます。

犬や猫は、ふとした時に色々なものを誤食してしまうことがあるので、危険なものを食べてしまわないように気をつけましょう。


獣医師  木場


投稿者 香椎ペットクリニック

カテゴリ一覧

カレンダー

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31